杉田あきひろの《RINJI》ブログ!

    歌手・俳優、NHK『おかあさんといっしょ』第9代目歌のお兄さんを務めた、杉田あきひろの《RINJII》ブログです。

     

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

     

    韓国史劇の名作!『太陽を抱く月』、そして『馬医』!

    前の僕のブログでは頻繁に書いてたけど、ここでは初の韓ドラネタです!…マニアックかもです、あしからず^^

    といってもNHK新ツアーリハを控えてて余裕ないし、まだ微熱もあるので、ちょちょいと紹介するだけですがw



    今更ですが、今年のNHK BSプレミアムで放送される韓国歴史ドラマ、どれも名作揃いなんです!

    去年放送された『王女の男』がまず傑作で、その流れで『インス大妃』(CSで放送)にも僕はハマって。

    インス

    同じ時代設定での別ドラマ、面白い!どちらも15世紀の李氏朝鮮でのクーデター(癸酉靖難)から話が始まって。

    『インス大妃』ではその後数十年もの政変も描かれ、ドラマ後半で死罪となった廃妃尹氏がチャングムに繋がる、という。

    何より圧巻だったのが、チェ・シラ姐さんの快演!(怪演?) 『海神』のジャミ夫人と同じくらい凄かった(笑)

    おジャミ

    …これが噂のジャミ夫人!この髪型は地味なほう。てかチェ・シラ姐さん紹介が今回の趣旨じゃありません(笑)



    やっぱ史劇は面白いなーって思ってたところで、先日までBSプレミアムで放送されてた『太陽を抱く月』

    太陽月2

    これ、時代考証のないフィクションなのが僕的に唯一残念な点でしたが、本当に美しい史劇でした。

    時代背景に捉われないフュージョン史劇だから故、史劇でもここまで美しい恋愛物語に仕上がったのかもですが。

    清らかな純愛もので、でもありえない設定で、邪術でもじゃもじゃで、劇的再会で、最後のほうちょいエロで(笑)

    終わってしまったのがホント残念だったんですが、最終話はもう涙涙たまに大爆笑、そして感動のラストでした!

    毎年年末恒例の(去年は諸事情により出来ませんでしたが)僕的韓ドラ大賞の、今年の最有力候補作です^^



    そしていよいよ来月からは、『チャングム』でお馴染みのイ・ビョンフン監督最新作『馬医』が始まります!

    ばい

    僕はひと足先にCS衛星劇場での放送を観終えたのですが、いろんな意味で面白かったですー。

    第一話オープニングの壮大なスケール感なんて、今までのビョンフン作品にはなかったものでワクワクしたし。

    スピーディーなストーリー展開や複雑に絡む人間模様、因果応報的流れはビョンフン作品ならではの面白さ!

    そして主演がチョ・スンウ!僕の一番好きな俳優さん。プラス『善徳女王』のトンマンことイ・ヨウォンも!!

    題材的にはビョンフン監督作品の『ホジュン』『宮廷女官チャングムの誓い』寄りなのですが。

    何故か、これまたビョンフンの名(迷?)作『ソドンヨ』的な(笑)、ツッコミどころ満載の作品に仕上がってます^^

    ゴリゴリゴリ、簪でバシッバシッ、水をジャジャーで「もう大丈夫です!」…えっ、ええぇーー!?みたいな(笑)



    僕がここでグダグダ書くよりも、僕の友達がそりゃまーおもろい韓ドラブログをやっておりまして。

    Opal式☆韓ドラのツボ》というのがそのブログ。ギャハハ、遂にブログ名まで紹介してもた(笑)

    そこでOpalさん、『太陽を抱く月』も『馬医』もレビューを書いてるんですが、もうね、視点が天才!!

    僕の書きたい事を全部、いや、それ以上に書いてるこのブログ、オススメです!僕もたまにコメってる(笑)



    …もっと語りたいけど時間がない(涙) 『太陽を抱く月』を見逃した方、『馬医』は是非お見逃しなくーw


    スポンサーサイト

     

    Art on Ice in JAPAN 2013

    友人から突然ありがたいお誘いをいただき、昨日『アート・オン・アイス』を観てきましたー!

    アートチラシ



    僕とした事が全くノーマークだったんですが、あのアートオンアイスが日本で開かれてるとはー!

    出演者もあらかーさん、ミキティ、大輔、無良、あっこちゃん、ランビ、ペシャブル…僕の大好物ばかり(笑)

    しかもキャサリン・ジェンキンス、そして藤井フミヤとの生歌&生オケでのコラボ!(…敬称略です^^)

    ギザギザハートでイナバウアーとかかなぁ…とかワクワクしながら代々木第一体育館へw



    まず会場に入ると花!花!花!すごい数の花!ここでも大輔vsハニューでした^^

    で、18時半になって本番スタート。場内は写真撮影禁止。以下全て、あくまでイメージ画像でございます(笑)

    オープニング。ダンサースケーターの群舞も豪華で、特に滑りながら歌うスケーター、歌も滑りも上手い!

    えっ、ええっ?じぇじぇじぇ!?歌ってるのランビエールじゃん!!ランビどうした、どこに向かってる(笑)

    第一部はK・ジェンキンスの生歌とのコラボが主軸で、ホントどれも素敵でしたが。

    アートミキティ

    この「アメイジンググレイス」で滑る安藤選手がとにかく美しかった!…イメージ画像です(笑)



    で、休憩。高橋大輔選手のデースケタオル、とっくに売り切れなりーw

    でーすけ売り切れ



    第二部はフミヤ登場!フミヤ、かっけー!!やっぱスターだなぁ、歌もいいし。

    驚いたのが、ペシャラ&ブルザにフミヤの歌がすっごくマッチしてたんです!まさに目から鱗、よかったです!

    無良選手のジャンプの感動的デカさもマジ印象的でしたー!羽生選手のジャンプ跳んだ後のドヤ顔もね(笑)

    でもやっぱりこのお二人です!まず荒川さん&フミヤで『ヘラクレス』より「GO THE DISTANCE」。鳥肌モノでした!

    アートあらかーさん

    これジェフ(バトルくん)の曲って固定観念があったんですが、あらかーさんにも合ってた!壮大!!

    そしてトリは高橋選手&フミヤで「Another Orion」、これも素晴らしかった!繊細な世界観、感動しました。

    アートでーすけ

    フミヤのヒット曲を大輔色に染めてた。大輔、唯一無二のスケーターに成長しましたねー!ウルウル^^

    そしてそしてフィナーレ!全スケーターが楽しそうで、こっちまでテンションマックスでした。楽しかったー。

    アートフィナーレ



    夏にこんな質の高いアイスショー見れるなんて!全てのスケーターと関係者各位、友人Mさんに感謝です!!

    他のアイスショーとは一線を画した、洗練されつくしたアートオンアイス。あっ、北米勢がいない!?

    そうなんですよねー、ヨーロッパ発だからこその大人の味わいのアイスショー。酔いしれました。

    いやぁ、ますますソチが楽しみになってきた。てか、あらかーさん出て!出たら絶対メダル獲れるって(笑)

    この『アート・オン・アイス』は、9日の日曜日にBSフジで放送されるそうですー。



    おまけ…ハニューくんも使ってるそうなハニュー手袋、650円なりー。お子ちゃまがこぞって買ってたw

    ハニュー650円

    あと、ランビがミュージカル曲に初挑戦!したんですがこれ各自放送で確認してください…サンデュなランビ(笑)


     

    五輪プレシーズン終わりにスルヤ・ボナリー!

    久々にフィギュアスケートネタを書こうと思います。

    2012-2013シーズンも終わりというか、今日から始まる世界フィギュア国別対抗戦が最後なのかな。

    今季は世界フィギュアこそ残念でしたが、僕的には初めて浅田真央選手の演技に心から惹かれたシーズンでした。

    来季も今季と同じように気負わず普段通りのスケートを見せてくれれば結果は自ずとついてくると思います!

    高橋大輔選手も絶対大丈夫、と信じております^^



    それよりも!今日書きたいテーマはこの事じゃないんです!

    テレ朝の人気番組『マツコ・有吉の怒り新党』、水曜23時台に引越してからは欠かさず見てるんですがw

    昨日のオンエアの「新・3大○○調査会」にいたく、いたく感動して今フィギュアネタ書いてる次第です(笑)

    昨日は久々にフィギュアスケートがテーマで、取り上げられたスケーターはなななんと!スルヤ・ボナリー!!

    surya-bonaly-477.jpg

    リンクの黒真珠・ボナリーは、驚くべき身体能力を持つフランスのスケーターでした。

    当時を知る僕ら的には、よくぞボナリーとりあげてくれました!と番組関係者のみなさん全員に感謝感謝ですw

    てかこのコーナー、初回が「日本人が知っておくべき新・3大 “北斗晶の名勝負” 」だったってのが凄い(笑)

    hokuto.jpeg

    …その初回放送だけは録画したのを消してない僕(笑) これは僕も大好物な名勝負、vs紅夜叉の時のドヤ顔北斗w

    ちなみに紅夜叉ちゃんは僕と同郷で実家も近所、妹の同級生で僕も仲良くしてもらってます。実はすごくいい子(笑)

    話が逸れましたが、北斗といいボナリーといい番組スタッフさんのセンスが光ってます。僕のドストライクだしw



    ボナリー、ホント激動というか一筋縄ではいかないスケート人生を歩んだ選手で。

    1994年の幕張での世界選手権の表彰式や、1998年の長野オリンピックのフリーだけ見ると、ヒール的な印象を受けてしまいがちなのですが。

    彼女の初期から現在までを真摯に紹介してくれてたので、人柄も含めて素晴らしい選手なんだと再確認できました。

    マツコ、泣いてたし(笑) 夏目ちゃんも。ボナリーを知らない世代にも伝わって、何故か僕もウルウル。

    ボナリーの詳しい諸々の事は、各自ウィキペディアやYouTubeでお調べくださいー。

    これは幕張での表彰式の画像。幕張は佐藤有香さんの滑りが神的に素晴らしかったからなぁ。泣くなボナリーw

    幕張ボナリー



    それにしても『怒り新党』の着眼点、たまに僕と全く同じで感動です。マニアック過ぎるネタも扱いが丁寧!

    いま僕、一番好きなというかハマってるスケーターが、今更ながらソ連のアレクサンドル・ファデーエフなんですよー(笑) 取り上げてくれないかなw

    それか「日本人が知っておくべき新・3大 “サーシャ・コーエンの残念なフリースケーティング” 」とか…ナシですよね、ごめんなさい(笑)

     

    « »

    11 2017
    SUN MON TUE WED THU FRI SAT
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    プロフィール

    杉田あきひろ

    Author:杉田あきひろ
    杉田あきひろです!

    この春、所属事務所を【HEROX エンターテイメント】に移籍させていただきました。

    それに伴い以前のブログは消えてしまいましてw

    新オフィシャルブログができるまで、こちらに臨時のあきひろブログを開設させていただこうと思います。

    みなさん、よろしくお願いします!

    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    音楽
    2768位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    その他
    263位
    アクセスランキングを見る>>
    検索フォーム
    QRコード
    QR

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。